(ここから見出しです。)

ぼくのわたしの埼玉県

埼玉県のいろいろデータ

(ここから本文です。)

人口

人口のうつりかわりと変動の割合わりあい

(この章を読み飛ばします。)

注)昭和20年は11月1日現在で行われた人口調査による人口。

資料:「国勢調査」総務省統計局

 総務省そうむしょうの平成22年「国勢調査こくせいちょうさ」によると、平成22年10月1日の埼玉県の人口は、前回の国勢調査(平成17年)より140,313人増加ぞうかし、7,194,556人(男性3,608,711人、女性3,585,845人)となっていて全国で第5位でした。埼玉県さいたまけんの人口は、大正9年の第1回の国勢調査からずっと増加していますが、最近の調査ちょうさでは、増加の割合わりあいが5%以下の状況じょうきょうがつづいています。

グラフの統計表(Excel形式)
参考データ(Excel形式)

人口ピラミッド

(この章を読み飛ばします。)

(コバトン)グラフの形が変わっていくのが楽しいね。

資料:「国勢調査」総務省統計局

 人口ピラミッドは、それぞれの時代の社会の状況じょうきょう影響えいきょうをうけた、出生や死亡しぼうの様子をうつし出しています。
 昭和25年のグラフの形を見ると「人口ピラミッド」の名前のとおりピラミッドの型をしていますが、年がたつにつれて、つぼ型となっていくのがわかります。年齢層ねんれいそうも年少人口(0~14さい)が少なくなり、ぎゃくに65歳以上の老年人口がえてきているのがわかります。
 グラフをくわしく見ていくと、「日中戦争への動員による出生数の減少げんしょう(昭和13年、14年生まれ)」、「終戦前後における出生数の減少(昭和20年、21年生まれ)」、「第1次ベビーブームの出生数の増加ぞうか(昭和22年~24年生まれ)」、「ひのえうま(注)による出生数の減少(昭和41年生まれ)」、「第2次ベビーブームの出生数の増加(昭和46年~49年生まれ)」などの当時の社会の状況が表れているのがわかります。
 人口ピラミッドの形は、その地域ちいきの様子により、いろいろな形をしめします。発展途上国はってんとじょうこくでは、ピラミッド型(富士山型ふじさんがた)が多くみられ、日本などの先進国では、少子高齢化しょうしこうれいかにより、つぼ型となる国が多くなっています。

グラフの統計表(Excel形式)
参考データ(Excel形式)

一般世帯いっぱんせたいの家族の種類ごとの割合わりあい

(この章を読み飛ばします。)

資料:「国勢調査」総務省統計局

 総務省統計局そうむしょうとうけいきょくの平成22年 「国勢調査こくせいちょうさ」によると、一般世帯いっぱんせたいの数は2,837,542世帯でした。前回の国勢調査(平成17年)とくらべると206,919世帯(7.9%)増加ぞうかしました。
 一般世帯の内訳うちわけをみると、核家族世帯かくかぞくせたい夫婦ふうふのみか親と子供こどもの世帯)が1,763,958世帯で全体の62.2%となっていて、この割合わりあいは全国第2位でした。また、核家族世帯のうち、夫婦のみの世帯は569,701世帯(一般世帯の20.1%)、夫婦と子供の世帯は947,579世帯(一般世帯の33.4%)でした。
 高齢者こうれいしゃが一人で住む世帯は、前回の国勢調査より60,289世帯(41.9%)増加して204,212世帯で、一般世帯の全体にめる割合は7.2%でした。高齢者が1人で住む世帯は、30年前の昭和55年には、16,972世帯だったので、約12倍もえたことになります。

グラフの統計表(Excel形式)
参考データ(Excel形式)

(女の子)一人らしのお年寄としよりの人がえているっていうことかな?


平均年齢へいきんねんれい

(この章を読み飛ばします。)

資料:「国勢調査」総務省統計局

 総務省統計局そうむしょうとうけいきょくの「国勢調査こくせいちょうさ」によると、埼玉県さいたまけん平均年齢へいきんねんれいは、前回の国勢調査(平成17年)では全国で4番目に若い41.8さいでしたが、平成22年10月1日の調査では、1.8歳上がって43.6歳となりました。これは、沖縄県おきなわけん愛知県あいちけん滋賀県しがけん神奈川県かながわけんにつづいて5番目にわかい県となります。

グラフの統計表(Excel形式)
参考データ(Excel形式)

世帯数

(この章を読み飛ばします。)

資料:「国勢調査」総務省統計局

 総務省統計局そうむしょうとうけいきょくの「国勢調査こくせいちょうさ」によると、平成22年の埼玉県さいたまけん一般世帯数いっぱんせたいすうは2,837,542世帯で、前回の国勢調査(平成17年)とくらべると206,919世帯(7.9%)えていて、増加ぞうかする傾向けいこうがつづいています。

グラフの統計表(Excel形式)
参考データ(Excel形式)

人口密度じんこうみつど

(この章を読み飛ばします。)

資料:「国勢調査」総務省統計局

 総務省統計局そうむしょうとうけいきょくの「国勢調査こくせいちょうさ」によると、平成22年10月1日の埼玉県さいたまけん人口密度じんこうみつどは1,894.2人/平方キロメートルで全国で第4位となっています。内陸県の中では第1位です。市町村では、蕨市わらびしが14,020.0人/平方キロメートルで、全国の市町村の中でトップとなっています。

グラフの統計表(Excel形式)
参考データ(Excel形式)
もっと人口について知りたい人は

(ここまでがページの本文です。)